日な日な余波ははなやか歩く

週1~2回くらいのペースで、ここで写真展をやってます。「繰り返し」と「凡庸」は写真と人生の本質です。

私の戦争と平和。

 今朝はJR大阪駅という「ド真ん中」から歩き始めたにもかかわらず、なぜか郊外っぽい風景の中をたどることになった。

 とくに狙ったわけではない。 でも・・・今日は自分の中にぼんやりとした目的があって、普段とは逆方向を歩いたりしたことで、道に迷った結果がそうなったのだ。 あえてスマホで調べることもせず、太陽の位置から東西南北を見て、行き当たりばったりの適当にまかせた。

 上の最後の写真は、淀川の橋のたもとで見つけた明倫観世音菩薩像。

 

 たぶん終戦間際の昭和20年のことだと思うが、空襲を逃れてこの河川敷にたどり着いた近隣の住民を、さらに敵の機銃掃射が襲い、この場所で出た多くの犠牲者を供養するための菩薩様だと書かれてあった。

 昨日、録画してあったNHKのドキュメンタリー『戦場のジーニャ』の映像を見たところだったので、機銃掃射という文字からの恐怖が生々しく感じられた。

 ただし、番組はまだ一部しか見ていない。 

 その入り口ですでに感じる恐怖とやるせなさ・・・・だけど、ここは日本・・・と言っても同じ地球の上・・・いやいやいや、明日の仕事のこと・・・それに、やりたい事とやらなければいけない事・・・意識と力の配分すら、わからない、見当さえつかないという、この感じ。

 映像に写っているような、こんな虚しくて残酷なことを回避することもできず、一度起きてしまった嵐を鎮めることもできず、死ねば何も言えない。 生きても苦しむ。

 

 自然界の他の存在と違って人間の存在というのは、なんて生やさしいのかと思ったりもする。 犠牲を何かの形で謳わなければ、無になることもできない。 何て面倒な生き物なんだろうと思う。

 死は仕方ないが、生きているうちは不幸からは逃れたい。 あと、子供をそんな目に合わせたくはない。 お願い!

 その後、今日のうっすら目的を実行する。 上は、羽鳥善一の仕事部屋のピアノ。

 連ドラ『ブギウギ』のセット公開。 見にいっちゃいました。 
 

 昨年5月から大阪で写真を撮っていたら阪神タイガースが38年ぶりに優勝して、いつもとは違う今しか見れない風景を撮ることができて、ラッキーな気がしてたのです。 

 その気持ちにかぶせて、せっかく大阪に通っているのだから、いま好きで見てる連ドラのセットだって見れるものなら見ておこうと、今日、NHK大阪放送局に行ったわけなのです。

 

 一部以外は撮影がOKだったので、ミーハーよろしく、普段の撮影と同じカメラで、ドラマ収録に使われたセットを撮ってきました。 

 個人的には最初に見た羽鳥善一の作曲部屋が、僕にとっての一番でした。 

 

 下は、「はな湯」のセットで撮った写真。 この女の子と僕は何の関係もありません。 なので、半分顔が隠れている写真の方を選んでます。 

 僕の現在公開中の作品展は3月31日まで。 よかったら見てください。

 

言うは易し、西川ヘレンです。

 この2〜3日、頭の中で 荒井由美の『ひこうき雲』が鳴っている。

 

 「やっぱり録画しょ」で見た WOWOW の番組『SONGS & FRIENDS 荒井由美「ひこうき雲」』が、良かったものだから。

 ティン・パン・アレーで黙ってベースを弾く細野晴臣が、えらくカッコよく見える。

 

「言うは易し、西川ヘレンです」と言ったのは、ステージ上の松任谷由実

きよし」ではなく「ヘレン」と言ったところがよかった。 西川ヘレンは、西川ヘレンであることが妙に凄いし、松任谷由実の口からこの名前が出たことにまた、グッとくる。 

 

 3回見た。

 今朝は予報通り、やっぱり雨。 午前3時ごろ目を覚ました時には結構な雨音が窓の外から聞こえていたから、大阪に撮影に行く気力は萎えた。 まあ、いいさ。

 

 イルフォードのサテンの紙を買って、いくらかプリントしてみたのを並べる。 人ゴミが写った写真のみを並べてみる。 いったい、どうなんだ?

 同じ写真でも、データで見るのとプリントで見ることの違いを知っとく。 実際、違う。 自分の眼が変わる。 今度5月にやるのは展覧会なので、プリントを展示する。

 こういう写真の羅列の展示は成功するのだろうか、ちょっとわからない。 決めるのは、もう少し先の話。 ボチボチと、のたうち回ろう。

 僕の作品展示中です。 今日は雨なので、また今度でいいから、良かったら見てください。

3月31日までやってるので。 

 

穏やかな気分。

 本日は休日。 明日は出勤。 日曜は日曜日。 つまり僕の金・土・日は、3連休ではない。

 今朝の大阪は、午前7時にJR天王寺駅から始まり、新今宮、新世界、日本橋、なんば、心斎橋、そして淀屋橋まで歩いて終了。 弱い雨が降って、傘をさしたり、閉じたりする。

 午前11時発の帰りの京阪電車では、走り出してからしばらくの間は眠り、その後はボンヤリと外を眺めた。 

 

 車窓の風景がスイッチとなってか、僕の頭の中では不意の「問い」が浮かんでくると、それに答え終わらないうちに飽きてしまい、また別の「問い」が浮かんでくるという、その繰り返しがループする。

 

 別段、頭を抱えて悩んでいるのではなく、のんびりとした心地のまま、考えを整理するわけでもなく、ただひたすらに、穏やか。 終点の出町柳で下車してからも、その穏やかさは続いた。

 今日のお昼は寄り道して、天下一品銀閣寺店でラーメンと普通サイズのライスを食べ、その後も散歩して帰った。 やはり、穏やかな気分。 おなかも満足。

 

 今日の休日に気持ちが焦ってないのはなぜなのか? 何がいつもと違うのか? 不思議な心地。 雨のせいなのか、明日1日働けば、また日曜日だからなのか?

 

 ・・・って、3連休の方が良いに決まってるじゃん。 

 新世界を撮影に歩くといつもチェックする、新世界の国際劇場地下劇場。 手書きの宣伝文句にいつもよく目にする「地獄」の文字。 ディープな作品ぞろいで、想像しただけで、夢に出てきそう。 

 キョンキョーン!

 

 僕の写真作品が、展示中。 3月31日まで。 よかったら、見てね。

 

マメに、上手くやる。

 会社の仕事着で、穴の空いたニットをずっと着続けていたものだから、今朝の撮影の帰りに新しいのを買った。 ちょっとしたことかもしれないが、案外、気分が晴れるものである。

 インキがついたり、粉まみれになったりして、どうせすぐに汚れるものだからと、ずっと躊躇してきた。 でもまあ、人目もあるし。 我ながら、情けなくなってきたし。

 今朝の大阪は、京阪淀屋橋駅から出発し、JR環状線の野田、福島、梅田の順に歩いた。 距離としては大したことはないように見えて、22,811歩を歩いている。

 興味の向くまま歩いて、気がつけば、ぐるっと回って同じ道に戻ってきたりしたものだから、歩数が増えた。

 で、福島と言えば、笠置シヅ子月亭八方。 偶然、路地の奥に銭湯を見つける。 笠置シヅ子とは関係はないだろうが、看板は撮影する。 全部で452カットを撮る。 

 

 ま、そんなとこ。 くたびれてて、元気に文章が書けないわ。 

 

 作品展示中です。 良かったら観てね。


 

 

 

賀茂川、YMO、藤圭子。

 

 

 

 

 

 2月12日、鴨川東岸。 散歩ついでに、中古レコードを探しに行く。 

 東山二条のロマン商店で、YMOの最初のアルバムのLP(ジャケットはアメリカ版で、日本で再発のやつ)と、藤圭子の『圭子の夢は夜ひらく』のドーナツ盤を買って帰る。 

 

 この頃は、家で大きな音でレコードを聴く時間が一番楽しい。 明日の朝も撮影に出かけるけど、それとは別の楽しみがある。 ノスタルジーなのでしょうか。

 

その中の独り。

 写真展『kyoto at Dawn』は、京都清水寺から徒歩5分の CAFE OTOWA にて3月31日まで開催中。 これまでの作品集も販売しております。 ぜひ、ご覧ください。

 先日、KYOTOGRAPHIE  KG+ に参加する展覧会の一覧が発表された。 HPに掲載された展覧会と作家の多さを目の当たりにすると、自分の小ささをいつも実感する。

 どんなスピードで、どんな走り方をして、どこに向かうのか。 欲望と忍耐力は同時のもの。 大概、嫌になるのが普通だと思う。 

 例年通り今頃は、ある日突然、冷静な自分が「ボコッと」と生まれ、ここまで撮ってきた写真をまとめるという時期に入っていく。 作品よりも厳しく商品として、自分の写真を見ることになる。

 

 

 2月10日の土曜日は出勤。 昨日は大阪で撮影し、今朝は家で仕事する。 大阪通いは昨日で50日めを数えた。

 ま、よく歩いた。 JRの環状線の内側はどこを歩いても、すでに撮った場所にぶち当たる。 当然、新鮮味は無くなる。 写真家の仕事とは何なのかと思う。

 ETVの『こころの時代』の2月4日放送分『月がささやき 石が吠える 音楽家・長谷川時夫』を観る。 この方は、名盤レコードなどで時々見た名前 タージ・マハル旅行団 出身の人だった。

 いろんな人がいる。 その人がその人として生きている。 それは凄いことだ。 感銘を受ける。 焦っても仕方がない。 心穏やかに。 

 とりあえず、ここまで撮ってきた写真を昇華させるという作業に集中する。 

 これまでも、それをやりつつ写真を撮ってきたのだけど、さらに足掻いて、良いかたちに作り上げる。 観て貰えば判るという状態にする。 

 

 ただ、休日をずっと家で過ごすのも嫌なんだ。 なんか、外に出ないと。

 ところが最近は大阪の刺激に慣れてしまって、京都で家の近所を散歩するというのも、いささか不満になっている。 撮影しても身が入らない。 ヤバい。 もとに戻さないと。



















  


 

たかが写真。

  

 現在開催中の 私の展覧会『kyoto at dawn』は、展示期間が3月31日までとなっています。 
  場所は CAFE OTOWA さんです。 京都清水寺から徒歩5分、清水坂観光駐車場タクシー乗り場前にあります。 京都お住まいの方も、そうでない方もお立ちよりの際には、ぜひ、ご高覧ください。 よろしくお願いします。

 昨日2月3日はいつも通りに大阪に撮影に行き、今朝は家で、諸々の整理作業をやることにに決めた。 よって、撮影は休み。

 進むべき方向が霧に覆われて見えなくなっている。 昨日もほとんど空回り。

 写真のことを文章にするのに、ほとほと困っている。 どうやって書いても、しっくりこないのだ。 もうヘトヘト。

 前回の更新で、ダイアン・アーバス の写真が頭に浮かんだので、久しぶりに『ダイアン・アーバス作品集』(筑摩書房・初版1992年)を開いてみる。 

 この本の冒頭に、ダイアン・アーバス がワークショップで話した言葉が15ページにわたって掲載されている。

 これは当時ワークショップに参加した奈良原一高氏がカセットテープに録音していた音源をもとに作られた文章。 雑誌ユリイカに奈良原氏がその時のことを書いた文章が掲載されています。 これ、名文です。

 作品集の冒頭の文章を久々に読み返してみると、この本にあるこの言葉が知らず知らずのうちに自分の中に生きていたことがわかった。

 写真を始めて間もない頃で、写真集もまだ5冊と持ってなかったうちの1冊だったというところはある。 でも、教科書的に受け入れたわけではなくて、共感の方が大きかったのではないかしら・・・という気もする。

 ダイアン・アーバス はたぶんバリバリの職業カメラマンという雰囲気の人ではないし、この文章も感覚的な言葉だから、こちらに入ってくるものが、その時によって違ったりする。 でも彼女の言葉に嘘がないのは伝わってくる。  

 ダイアン・アーバス の写真は、本当に写真っぽい。 限りなく、写真に近いところにある感じがする。 この特異さは、当たり前のことではなかったのだと、今になってまた更に気がつくことになった。

 

 いや、いや、いや、いや・・・そんなこと考えていたら、また落ち込んでしまう。 

 とりあえず、今は自分の写真を現す言葉を探すこと。

 自分の写真を撮ることは、自分の写真を探すことだから、その辺りのリアリティを書き表したいと思っているのだけど、熱望するが故に、ひたすら頭を抱えているのです。 思いあがっているのか? どうなんだ?

 なので、今日こそ、頑張ります。